一般的なのは融資を受ける方法

事業資金を調達する方法として最も一般的なのは自己資金に加えて融資を受ける方法です。創業のときには複数の機関から融資を受けるケースが多く、公的機関と民間機関からそれぞれ借りるという形で起業しているケースが目立ちます。事業資金としての目的で借りられる融資制度はかなり数があるので目的に応じて選ぶのが重要です。民間の金融機関からの融資では事業用であれば具体的な目的を問われないものが多いですが、公的機関からの融資の場合には国の資金を使うという影響もあって用途が制限されることがよくあるのです。ただ、金利が民間機関からの融資よりも低くなっているのがメリットで、長期融資を受けられる制度もあるという魅力もあります。

助成金や補助金を使うのも選択肢

残り二つの事業資金の調達方法は返済を必要としないもので、助成金と補助金です。一括りにして取り扱われてしまうこともありますが、助成金と補助金は内容が異なっています。どちらも特定の目的で使用する場合に限り支給してもらえる仕組みになっている点では同じです。助成金の場合には用途が正しいことが明確で基準を満たしていれば必ず支給してもらうことができます。しかし、補助金は用途や基準が示されていて、それを満たしていても審査の結果として支給されないこともあるのが特徴です。有限の資金を色々な応募者に分け与える形を取っていることが多いからで、より意味がある目的で使用しようという計画を立てたところに支給する場合が多くなっています。

事業資金は、開業時や事業を運営するうえで必要な資金です。創業間もない会社では、調達先として政府系の銀行を利用すると、審査に通りやすい傾向があります。